決算書作成・法人税・所得税申告

私たち専門家にお任せください! /> 私たち専門家にお任せください![/caption]</p>
<p>法人税の申告期限は、<strong>原則として決算日から2か月後</strong>となります。 (個人事業の場合は、前年1月~12月までの所得税の申告が翌年3月15日までとなります。(確定申告)) 申告していないこと(脱税など)が発覚すると、無申告加算税、追徴課税などの<strong>ペナルティが発生し多額の税金を納めなければならなく</strong>なります。 納税は国民の義務ですので、収入が少なくても確定申告をしましょう。 初めてでよく分からない、決算期限ぎりぎりだけど・・・などわからないことはお気軽にご相談ください。 できるだけお客様のご要望に応えられるように、スタッフは日々研修などを通じて知識を習得しています。安心してお任せください。 当センターでは、お客様の業種に合わせて有利な条件を適用できるようにいたします。</p>
<p class=決算日終了後、申告だけのご依頼もお受けいたしますが、決算終了日を迎える前にご依頼頂いたほうが、節税対策が可能です。税金を払うことは必ず必要ですが、無駄に多く税金を払う必要はありません。 できるだけ早くご相談いただければ、プロとして多くのアドバイスができるかと思います。

※申告期限の3ヶ月くらい前までにご連絡いただければ、多くアドバイスが可能です!早めにご相談ください。 もちろん急ぎの申告もお受けいたします!

※決算書作成・法人税・所得税申告は、木竹会計事務所との契約となります。

決算日と申告期限・税金の納付期限の例

  • 3月31日決算(3月決算)・・・5月31日までに申告・税金を納付しいないといけません
  • 10月31日決算(10月決算)・・・12月31日までに申告・税金を納付しないといけません

※申告期限日が土日祝日だった場合は、その次の平日となります。

こんな悩みのある方!ご相談ください。

当センターでは、税理士による決算申告サービスでもお客様のご都合に合わせたプランを用意しております。

当センターでご依頼いただくメリット

スペシャルサポート1:税務権限代理証書の添付

税務権限代理書

税務権限代理書

税理士が、責任をもって作成したと証明する書類で税務署に提出するものです。これを提出した後は、税務署からの連絡が当センターに入りますので税務署との対応は当センターでさせていただきます。 万が一「税務調査」がある場合は、当センターに連絡がきますので税務調査対応などもさせいただきます。(料金別途)

スペシャルサポート2:中小企業の会計に関する基本要領に沿って、決算書を作成します。

当センターでは中小企業の会計に関する基本要領を元に、決算書を作成しております。銀行融資の際に、決算書に基づき作成したチェックリストを提出すると、優遇が認められます。 現在は多くの金融機関、信用保証協会において活用されています。

スペシャルサポート3:電子申告で対応

当センターは電子申告を推進しております。電子ファイルで申告書を提出することにより、提出が早くなったり、還付の場合の手続きが早くなったり、添付ファイルが減ったりなどお客様にも多くメリットがございます。

ご依頼方法

領収書、請求書、通帳コピーの3つだけご用意の上、お電話か問い合わせフォームにてご連絡ださい。 低価格で税理士による決算書作成・法人税・所得税申告を代行いたします。

決算書作成サービスは木竹会計事務所との契約となります。

決算書作成サービスについてもっと詳しく

問い合わせフォームへ